2013年09月27日

ミョウバン水の作り方、保存方法

ミョウバン水の作り方と保存方法です

【必要な材料】
・焼きミョウバン(焼きみょうばん) 50g
  薬局やスーパー(漬物用食品のコーナー)で100円程度で手に入ります。
・水道水 1.5リットル
・空き容器(ペットボトル等)

【作り方】
ペットボトルに1.5Lの水道水とミョウバンを入れます。
ミョウバンは振ってもすぐに溶けません。
そのまま2〜3日放置してください。
できれば涼しいところで放置してください。
2〜3日放置したあと、透明な水ができあがります。

ミョウバンが溶け切って透明な水が「みょうばん水の原液」です。

使う時は、作った「みょうばん水の原液」をさらに水で20倍〜30倍薄めて使います。

刺激が強い感じたら、さらに薄めて使用してください。
かぶれ等が生じたら、すぐに使用を中止してください。

【保存方法】
ミョウバン水は保存料などが一切はいていません。
その為1ヶ月を目安に使いきるようにしてください。

Iヶ月で使いきれそうもないのであれば、
初めの材料を少なくして作るのも良いと思います。

【使い方】
シャワーの後に
気になる部分にミョウバン水をスプレーして使います。
そのまま乾かしても良いし、
タオル等で軽く拭き取ってもいいです。

汗をかいた後に
汗が気になる部分にミョウバン水を1〜2回スプレーし、汗と一緒に拭き取ります。
雑菌の繁殖が抑えられ、臭いが発生するのを抑えてくれます。

【デメリット】
水スプレーなので、日中の使用がなかなか難しいことです。
臭いが気になるからと言って、ミョウバン水でスプレーすると
服が濡れてしまいます。


















posted by かおる at 10:59| ミョウバン水の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。